小松の雪事情は?スキー場で冬レジャーを満喫!

公開日:2023/12/18  更新日:2024/02/14
小松の雪事情

石川県小松市と聞くと日本海側にあり、なんとなく積雪量が多いイメージを持たれる方もいらっしゃるのではないでしょうか。「小松はどのくらい雪が降るのかな。」「いつ頃から雪が降るのかな」と気になっている方も多いでしょう。
今回は、「小松の雪事情」について解説します!

小松の雪事情

雪

雪の降る時期

小松では12月に初雪が降るケースが多く、12月後半から2月までは本格的に雪が降り積もります。それ以外の時期に雪が降ることもありますが、近年は3月の降雪が大幅に減少する傾向にあります。
降雪状況は年ごとに差が大きく、寒い年には雪が連日のように降る時期も見られますが、暖冬傾向の年では、真冬でも長期間雪が降らない場合があります。

雪の量はどのくらい?

一般的な冬であれば、小松市街地では「積もって解けて」を繰り返すような程度の積雪で数cm~20cm程度の場合が多いです。雪が多くなる年には、膝上まで積もることもありますが、暖冬傾向の年は、降雪が少なく多く積もらない場合があります。
真っ白な銀世界が冬の間中続く・・・ということはなく、最近では年に数回、数日間だけ積もることが多いので、「雪国」らしい雰囲気はあまり感じられないかもしれません。

雪の日の交通状況

小松では雪が降り積もっていても電車やバスは動きます。但し大雪の日は、運休になったり遅延したりすることもあるので注意が必要です。
マイカーで通勤する人が多いため、降雪や凍結があると交通渋滞が発生します。特に通勤・帰宅ラッシュ時には、長距離の渋滞が発生します。
高速道路は冬用タイヤ規制や速度規制がかかります。安全に走行できるよう、天気や路面状況を確認して早めにタイヤ交換をしておきましょう。

除雪と消融雪装置

除雪

大きな道路は重機などで除雪されますが、除雪対象外の細い生活道路などは地域住民で協力して除雪を行う必要があります。消融雪装置が設置されている道路であれば概ね雪が積もらずに溶けます。
消融雪装置がある道か、除雪が計画されている道かは、小松市のホームページで確認できます。

小松のスキー場

スキー場

小松にはスキー場もあり、冬レジャーを楽しむこともできます。地元のスキーヤーやスノーボーダーに人気の「大倉岳高原スキー場」をご紹介します!

大倉岳高原スキー場

大倉岳高原スキー場は、JR小松駅から車で約30分の場所にあります。
白山を仰ぐ大倉岳の山麓一帯で、加賀平野から日本海まで望める雄大な展望を楽しむことができます。上級者から初心者まで様々なレベルの人が楽しめるコースがあるため、家族連れや地元のスキーヤーに人気のスキー場です。
チビッコゲレンデでは、小さな子供でも安心してソリや雪合戦をして遊べます。
日本海を臨むダウンヒルコースもあり、晴れの日にはきれいな景色を堪能しながら気持ちよく滑ることができます。

まとめ

小松の雪事情まとめ

今回は、「小松の雪事情」について解説しました!雪は降りますが、市街地では冬の間ずっと雪が降り積もっているということはなく、積もって解けてを繰り返すパターンが多いです。
今年の夏は日本中で猛暑日が続き、暑い夏となりました。気象庁が発表した予報によると2023年12月〜2024年2月は例年よりも気温が高いと予想されており、暖冬になる可能性が高くなっています。小松市の降雪量も平年より少ない見込みですが、冬支度をしておくと安心です。冬レジャーを楽しみつつ小松の冬を満喫しましょう。


小松の魅力をもっと知りたい方はこちら!
この記事の発信者

辻 沙紀
賃貸担当